自由法曹団京都支部・事務局長に就任して 弁護士/毛利 崇

 去る、10月2日、自由法曹団京都支部総会が開催され、新事務局長に選任されましたので、ご報告いたします。
 これまで、支部事務局・幹事として、主に労働法制の分野で活動をしてきましたが、今後は、全分野の課題や情勢を深く理解し、諸課題に関する提案が求められる立場となり、その責任の重さに身が震える思いです。
 今期は、比例定数削減問題、安保沖縄問題、派遣法抜本改正問題、有期雇用法制問題、裁判員制度活用問題、刑事取調可視化問題、子どもの貧困問題、梅小路水族館建設問題など、多岐にわたる課題が山積しています。
 支部としては、これらの課題について、皆様と連携・共同の上、取り組みを進めていきたいと考えております。
 慣れない仕事でもあり、皆様には、何かとご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、懸命に取り組む所存ですので、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


(2010年11月)

戻る

home