いよいよ始まる裁判員裁判 弁護士/井関 佳法

2009年5月から、殺人や強盗致傷など一定の重大犯罪について、3人の裁判官と市民から選ばれた6人の裁判員による裁判員裁判が始まります。
  • 今どき、人手もお金もかかる制度が導入されたのは何故でしょうか
     これまでは裁判官だけで裁判してきましたが、死刑再審無罪をはじめ、冤罪がなくなりません。その第1の原因は、裁判官の非常識な判断です。「この証拠からどうしてそんな判断ができるのか」と首を傾げたくなる判決があります。
     もうひとつは、裁判官が警察や検察の調書を偏重することです。警察や検察は被疑者を取り調べ、調書を作ります。犯人でない人が間違って逮捕され、被疑者が否認していても、厳しく取り調べて自白調書が作られます。裁判になって裁判官の前で、やっていないと供述しても、裁判官は、自白調書の方を信用してしまうのです。そのため、警察や検察は、一層厳しい取り調べをして、悪循環が続き、冤罪がなくならないのです。
  •  
  • 裁判員に期待されること
     裁判員に期待されることは、まず、それぞれの常識を裁判に反映させることです。そして、裁判員裁判では、法廷で直接見て聴いて裁判することになって、調書偏重裁判も是正されることが期待されているのです。
  •  
  • 裁判員に選ばれる確率は?
     各市町村の選挙管理委員会は、毎年秋に、来年度の裁判員候補者となる人を、人口に応じて無作為に選んで京都地方裁判所に送付します。年末頃には選ばれた裁判員候補者宛に、京都地裁から選任通知が送られます。そして来年5月以降には、各事件毎に裁判員候補者が50名〜100名程度選ばれ、裁判所に出頭して裁判官の面接を経て抽選で裁判員6名と補充裁判員若干名が選ばれます。裁判員候補に選ばれる確率は0.11〜0.22%程度、しかし10年間に選ばれる確率はその10倍、次第に身近となっていくでしょう。
  •  
  • よりよい制度に
     現行の裁判員制度には、様々な角度から問題点も指摘されています。改善すべき点はできるだけ早く改善しながらも、市民参加の裁判員制度が円滑にスタートすることが求められています。


(2008年10月)

戻る

home