早わかり法律相談 債権と契約

「債権」というのは、たとえばお金を貸した人(「債権者」といいます)が、借りた人(「債務者」といいます)に対して「貸したお金を返してほしい」など、債権者が債務者に対して一定の行為を請求する権利です。債権は、さまざまな法的原因から生まれます。特に、「契約」から発生する「債権」が、私たちの日常生活に最も身近で重要です。


1. 債権ってなに?
2. 契約ってなに?
3. 契約の時は何を決めればいいの?
契約書は何のために必要なの?
5. 相手が約束を守ってくれないときはどうすればいいの?

債権の消滅時効にご用心


home