京都南法律事務所 行ってきました・見てきました

行ってきました・見てきました

No.10
熊本地震災害支援活動に参加しました。

 2017年11月11日から13日に実施された支援サークル「絆」の熊本地震(2016年4月)第3回災害支援活動に参加しました。
 11月11日は熊本市城南町の藤山仮設住宅、12日は上益城郡益城町の馬水東仮設住宅、安永仮設住宅、津森仮設住宅を訪問し、無料バザー、足湯、綿菓子、お茶っこ、ライブ演奏を行ない、被災者の方々と交流しました。
 馬水東仮設住宅を訪問した際には、熊本県民医連の多数の職員が来て仮設住宅入居者アンケートを行っていました。事務局長さんから被災者の状況を聞き、看護師さんに足湯を手伝っていただきました。熊本県民医連には、宇治市で発生したユニチカ二硫化炭素中毒労災事件の際に大きな援助を受けており、お礼を申し上げました。
 安永仮設住宅での取り組みの際には、熊本県民テレビの取材があり、13日午後6時25分から5分間、「絆」の取り組みも含め、仮設住宅の人々の様子が「シリーズ仮設は今(8)」として放送されました。
 13日午前に益城町の被災の状況を見学しました。被災建物のほとんどが撤去され原野が広がっている状態でしたが、木山神宮本殿のように倒壊したままの建物も残されていました。
 益城町の復興には、(1)土地区画整理方式による復興のために生じる相当の減歩の問題、(2)町の中に断層が走っていることにより、元の住所地に戻り難い意識の人もいること、(3)高齢者の方々の住宅再建の資力の不十分な人もいることなど様々な課題があり、生活再建のための工夫や公的な支援が必要であると感じました。

弁護士 杉山 潔志 
2017.11.11  益城町 馬水東道仮設住宅2017.11.11 宅地の更に南に広がる宅地
益城町 馬水東道仮設住宅宅地の更に南に広がる宅地
このページのTOPへ戻る

INDEX


home