京都南法律事務所 弁護士紹介

井関佳法 杉山潔志 清洲真理 吉田眞佐子 毛利崇 中尾誠
 
プロフィール
コラム
 
毛利 崇 毛利 崇
プロフィール
 1975年10月生まれ。姉と妹2人という女性ばかりの兄弟の中で黒一点。女性を敵に回すとろくな事がないと体感しながら育つ。
 高校2年生まではコンピューター系の道に進みたかったが「趣味を仕事にするのはつまらない。」と思い志望変更。小学生時代からのあこがれだったシャーロックホームズのように、証拠から事実をつきとめる仕事がしたいと考えて弁護士を志す。思考は理系的。
 2005年10月、弁護士登録。京都南法律事務所に入所。労働事件、労災事件などを中心に、広く一般民事、刑事事件なども手がけている。
 自由法曹団常任幹事、自由法曹団京都支部幹事(労働担当幹事)、労働弁護団常任幹事、京都職対連幹事。
 自由法曹団の活動を中心に、憲法擁護運動、労働者の権利向上の運動などに取り組んでいる。学習会講師要請大歓迎。
 好きなスポーツはNFLとF1。2月はNFLが終わりF1が始まらないので見る番組がない。49ersのファン。今年は、ポストシーズンどころか地区最下位に低迷。また暗黒の時代がやってきた…。
 ギタリスト。愛機はFender Stratocaster。大学時代は作曲サークルに所属し、バンドでギターボーカルをしていた。現在も酒の席の余興で歌ったり、依頼を受けてテーマソングを作曲したりしている。
 毎夏、フジロックフェスティバルに行くのが楽しみ。
 大型自動車免許所持。自由法曹団京都支部の企画でマイクロバスを運転していたところ、一部の参加者に途中まで気づいてもらえなかったという前歴有り。
今年の抱負
 昨年は、自分の弁護士としての資質について改めて自分に問い直す1年でした。一方で、自分の信じるところを自分のできる範囲で努力してやるしかないと開き直った1年でもありました。
 今後の弁護士人生を考えたとき、相変わらず一寸先は闇という感じですが、様々な課題がある中で一歩一歩前進するしかないなと思います。



home