メンバーの素顔紹介 中尾誠

人生50年・再出発

 2001年でちょうど半世紀を生きたことになります。この間、色々なものを切りすてて「走りつづけて」きた、と思うことがあります。(もちろん、得たものもありますが)
「三つ子の魂百まで」という通り、今さらという気もしますが、新しい世紀が自分にとっての再出発の契機になるであれば、ありがたいことです。固定観念、しがらみ、体験などにとらわれることなく、白紙(ゼロ)からの出発を心がけたいと思います。
(2003,3)


home