メンバーの素顔紹介 中尾誠

何十年ぶりのメガネなしの生活

 電車の中で本を読むのが楽しみの1つですが、昨年9月頃から、帰りの電車内で本が読みにくくなり、また、昼間も太陽がまぶしく感じることがあり、眼科に行ったところ、白内障であると診断され、昨年12月ギリギリに、手術をしてもらうことに決めました。
 今年1月に、両目の白内障手術を片目ずつ、1週間間隔を置いて、日帰りで受けました。近眼の度数が強すぎたことから、水晶体を取り除いただけで、人工の眼内レンズは入れてもらえませんでした。経過は良好で、近くを見るときだけ軽い度数のめがねをかけるだけ(水晶体が無いので遠近の調整が出来ない)で、日常生活はメガネなしです。
 映画を見たり、テニスをするのもメガネなしです。前より、クリアーに見えますので、天気のよいときの鴨川から見る上流方向の景色はなかなかきれいだと改めて思いました。また、3月の免許の更新(初めて免許を取得した16歳の時は、もうメガネをかけていましたので)の時、初めて、「メガネなし」で免許証をもらいました。
 人生観が変わったというようなものではありませんが、40年以上の「メガネ生活」が一部ですが変化し、すこし、リフレッシュしました。
 これまで、メガネをかけていない私を見たことがない人にとっては、戸惑うことがあるかと思いますが、メガネをかけていないこと以外は何も変わっていませんので、どこかで会った時は、声をかけて下さい。
(2007年6月)


home