京都南法律事務所 新法・改正法の紹介

自動車リサイクル法
「自動車リサイクル法」は正式名称を「使用済自動車の再資源化等に関する法律」といい2005年1月1日から本格的に施行されます。
 この法律は、自動車の不法投棄による環境問題が増大するなかで、シュレッダーダスト、エアバッグ類、カーエアコン用フロン類の3品目の引取りとリサイクル・適正処理を自動車メーカーや輸入業者に義務づけることにより、既存のリサイクル・処理システムを健全に再生させるとともに、環境保全を一層進めることを目的としています。
 また、「自動車リサイクル法」では、自動車メーカー・輸入業者の義務に加え、ユーザーや、新車・中古車販売業者、整備事業者、解体業者、破砕業者等の関係事業者の役割も定めています。

 自動車ユーザーは、(1)シュレッダーダスト、エアバック類、フロン類のリサイクルや適正処理に必要な「リサイクル料金」を負担すること、(2)自治体に登録されている引取業者に、使用済自動車を引き渡すことが義務付けられます。

 「リサイクル料金」は2005年1月1日以降に新車を購入する際に、また、すでに使用中の車は2005年1月以降最初の車検等を受ける際に支払う義務があります。現在使用中の車で車検前に廃車にする場合は、引取業者に引渡す際に支払うことになります。「リサイクル料金」の預託をしておかないと車検証の交付を受けられないので、公道を走れません。また、現在使用中の自動車を未預託のまま廃車にできません。 

 「リサイクル料金」はメーカーにより多少のちがいはありますが、(1)普通乗用車(エアバッグ類4個、エアコンあり)・・・1万円〜1万8千円程度 、(2)軽・小型乗用車(エアバッグ類4個、エアコン有り)・・・7千円〜1万6千円程度です。なお、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の3品目のみが対象となっているため、それ以外の解体処理に関しては、別途手数料や費用がかかる場合があります。
 この法律は以上のように「リサイクル型社会」をめざす一環ですが、「リサイクル料金」の支払いを嫌って、不法投棄が増えるのではないかという不安もぬぐえません。

情報更新:2005年5月
もどる


home