京都南法律事務所 新法・改正法の紹介

自動車運転死傷行為処罰法
 交通事故で人を死傷させた場合の刑罰を厳しくする新しい法律が,本年5月20日より施行されました。
 これまでは,刑の上限が懲役20年の危険運転致死傷罪(a)と,刑の上限が懲役7年の自動車運転過失致死傷罪(b)の2つがありました。前者は「酒や薬物の影響で,正常な運転が困難な状態で事故を起こした場合」などに適用されますが,悪質な運転による重大事故でも適用が見送られるケースが稀ではなく,被害者遺族の方等から法改正を求める声が強く出されていました。
 自動車運転死傷行為処罰法は,前記abの罪の規定を刑法から抜き出した特別法です。前記bの罪は,罪名が「過失運転致死傷罪」に変更となりました。
 新法の主な特徴は3つです。
 1つ目は,aの罪とbの罪の間に,刑の上限が15年の新しい危険運転致死傷罪を設けました。これは「酒や薬物,特定の症状を伴う病気の影響で,正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で事故を起こした場合」に適用されます。特定疾患は,意識障害などをもたらすおそれのある疾患です。
 2つ目は,「発覚免脱罪」という新しい罪を規定しました。事故後に逃げて飲酒したことなどを隠すと刑罰が軽くなるという「逃げ得」を防止するもので,刑の上限は懲役12年です。
 3つ目は,無免許運転で死傷事故を起こすと,法定刑が重くなります。
 悪質運転・危険運転をなくすためには,厳罰化のみではなく,自分と人の命を守るというドライバーの自覚強化のための交通教育の一層の充実が求められます。

弁護士 吉田眞佐子

情報更新:2014年9月
 
もどる

home