京都南法律事務所 法律相談Q&A

クレジット・サラ金からお金が戻る?!
・・・過払い金の返還・・・

 長い間、数社のサラ金やクレジットカードのキャッシングなどの借入れと返済を繰り返してきました。なかなか元本が減らず、いつまで返済が続けられるか心配です。
 法律(利息制限法)では、利息について「借入金額が10万円以上100万円未満であれば年18%まで、100万円以上なら年15%を超える部分を無効とする」と決めています。なお、貸金業者は年20%を超える金利(以前は29.2%を超える金利)をとると犯罪になります。
 制限利率を超えたサラ金やカードキャッシングの場合、余分に払った利息を元本に組入れて計算できます。あなたの場合は、法律に従った利息で計算したら、元本が大幅に減り、場合によれば過払い金の返還請求ができる業者もありそうです


 私は、業者によっては約20年の取引があります。でも、家族に知られないように書類を全部処分しており、証拠はないのですが。
 貸金業者は客との取引状況のデータなどを開示する義務がありますから大丈夫です。


 1年前に支払いを終えた業者にも過払い金の請求ができますか?
 過払い金返還請求権の消滅時効は10年ですので可能です。また、裁判では過払い金に年5%の金利をつけることが認められています。


 長い取引であれば、業者からお金を返してもらえるかもしれないのですね。具体的にどうしたらよいですか。
 業者への取引状況の開示請求については自分でも可能ですが、弁護士などに交渉も含めすべて依頼することもできます。
 業者によっては事実上廃業し、取り戻せない場合があります。また、過払い金の返還の時期がだいぶ先になっている例も多くあります。戻ってこなくても、今払っている返済をしなくてもよくなったり、返済額が大幅に少なくなる場合もあります。 まず一日も早く法律相談に行くことをお勧めします。
(弁護士 中尾誠)


戻る
home