京都南法律事務所 法律相談Q&A

銀行預金の相続 …平成28年最高裁決定…

 父が突然亡くなり、父名義の銀行預金がすべて凍結されました。相続人は母と私と弟の3人です。自分の法定相続分については、各自が父の預金をおろせますか。
 従前は、「金銭債権は相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割される」という過去の最高裁判決により、預貯金は相続分に応じた払戻しが可能でした。しかし、平成28年12月19日最高裁決定において「預貯金は遺産分割の対象となる」とされ、判例変更されましたので、預貯金払戻しには相続人全員の同意が必要です。

 弟は、父から多額の生前贈与を受けていますが、父名義の預金について法定相続分4分の1をもらう権利があると主張し、話し合いが困難です。
 生前贈与など特別受益があれば、これを相続財産に持ち戻して具体的相続分を算定します。相続人間で遺産分割協議ができない場合は、家庭裁判所での調停申立ができます。

 両親は年金が少なく、父の不動産売却金で暮らしていました。母は弟が同意しないので、父の預金が使えず、困っています。
 遺産分割事件の解決までには時間がかかります。被相続人に扶養されていた人の生活が困窮する場合等は、遺産分割の調停(審判)が係属する家庭裁判所に、特定の預貯金を仮に取得する仮分割の仮処分を申立てることが可能です。法律相談をお勧めします。

 過去に、預貯金を遺産分割の対象に入れずに終了した事件は、やり直しになるのですか。
 平成28年最高裁決定は、既に確定している遺産分割審判・調停・協議には影響を与えないと解されています。なお、預貯金が残存していれば別途遺産分割手続となります。

(弁護士 吉田 眞佐子)

戻る
home