福島原発事故から10年 弁護士/井関 佳法

 
訴訟団
 2011年3月11日の福島原発事故から10年経ちました。この10年間、避難者の東電と国相手の賠償訴訟と、関電と国相手の大飯原発稼働差止訴訟の弁護団に参加してきました。
 賠償訴訟では、原発事故を起こした東電と国の責任の有無が争われており、責任を認める判決と認めない判決が、地裁8対7、高裁2対1と相半ばしており、つばぜり合いが続いています。政府設置の地震対策本部の長期評価によれば津波を予測できたのですから、責任否定は許されません。ここは踏ん張りどころ、避難の相当性と賠償金額の課題とあわせて、東電と国の責任を明らかにしたいと思います。
 原発の稼働の是非を問う訴訟は、福島原発事故前は2つを除き全敗でしたが、事故後は差止を命じる判決が7つ出ました。昨年12月4日の大阪地裁判決では、考慮すべきばらつきを考慮しないで基準地震動が決められていること、今年3月18日の水戸地裁判決では、避難計画が立てられていないことをそれぞれ問題として差止を認めました。差し止めを認める判決の切り口は様々ですが、それだけ日本の原発には問題が多いのです。
 原発固執に未来はありません。脱原発で再生可能エネルギーに舵を切ってこそ活路を開くことができます。
(2021年5月)

これまでに関わった事件から 一覧
福島原発事故から10年(2021年5月10日up)
文化パルク城陽住民訴訟「上告しました!」(2020年11月30日up)
原発賠償京都訴訟 〜被害実態に見合う賠償を(2020年5月10日up)
向日町競輪場臨時従事員離職せん別金事件解決の報告(2019年11月30日up)
マンションの「押し買い」に御注意を!(2019年5月11日up)
台風被害 〜賠償責任と保険〜(2018年11月17日up)
「文化パルク城陽」のセールアンドリースバックに異議あり!(2018年5月24日up)
年金訴訟の第1回弁論が開かれます(2016年11月15日up)
被害者の尊厳を傷つけるセクハラ 〜許さない環境づくりを(2015年6月23日up)
弥陀次郎川水害、提訴!(2014年12月2日up)
出勤停止などの懲戒処分は無効です。(2010年5月up)
校長先生の自殺、基金支部で公務災害認定される(2007年5月16日up)
自治体労働者の権利問題 [出版物の紹介](2006年1月記)
荻野労災事件 大阪高裁で逆転勝訴 (2004年11月)
山川事件−京都市交通局「昇任」不当労働行為事件(2004年10月)


home