中尾 誠 中尾 誠
プロフィール
  • 1951年3月、神戸市で商売人の家(一杯飲み屋と製麺業)の男ばかりの3人兄弟の末っ子として生まれる。少年時代に集中したことは「そろばん」で、今でも、数字を見たり、数字から考えることが好きである。
  • 家族は、妻と子ども3人。末の娘だけが同居。
  • 1978年4月に京都南法律事務所に入り弁護士の仕事を始めて、現在に至る。普通に働き生活をしている人が遭遇するかしれないトラブル全般について取り扱ってきたが、離婚、相続などの家事事件を比較的多く担当してきた。自治体労働者・労働組合の権利に関する問題にも関心がある。
  • ロシア革命にあこがれて弁護士となったが、自分自身のモラルとしてはフランス革命的なもの(自分のことは自分でする、人に迷惑をかけない、時間を守る)が強い。
  • 趣味はテニス、フランス語、囲碁・将棋観戦。張栩(囲碁)と羽生(将棋)が勝った時は、機嫌が良い。
今年の抱負
10年後の自分
 20年後(90歳)の自分は「抱負」はイメージ出来ませんが、10年後のそれであれば何とかイメージすることが出来ます。
 「自宅で、そこそこ健康に生活が出来ていればよいが」と思っています。そのために、今すべきことは〇〇、してはいけないことは〇〇とあれこれと思っていますが、なかなか、実行できないようです。
 仕事をする中で、依頼者の方に感謝されることがありますが、今年も、そのような機会が何回もあればよいが…と思っています。
 今年もよろしくお願いします。