杉山 潔志
プロフィール
 1953年4月、岡山県真庭郡八束村(現、真庭市蒜山)で生まれ、同じ郡内の久世町で生まれました。中学校・高校では陸上競技部に入部し、短距離選手として活躍(?)しました。京都大学工学部機械科に入学しましたが、公害事件などで活躍する弁護士の姿に影響されて法学部に転部し、1983年4月に京都南法律事務所に入所、弁護士としてスタートしました。
 
 家族は、妻と子ども3人ですが、子どもはいずれも社会人として独立し、妻と2人の暮らしです。ときどき訪ねて来る孫(長男の長女)の相手をさせられています。
 
 借地・借家の問題、貸金や請負代金の請求、交通事故、親族・相続をめぐるトラブル、労働事件、破産や個人再生など多岐にわたる事件を取り扱ってきました。欠陥住宅や過労死・過労自殺などの事件にも取り組んできました。裁判でも、建物の構造計算や統計学的処理など理数的な問題が出てくることがありますが、数式などを見てもそれほどアレルギーはありません。発想も、どちらかというと理科系的です。
 
(趣味)
 健康のために42歳の頃から始めたランニングを続けています。ランニング仲間と一緒に走ったり、時間を工面してジョギングしています。50歳のころには、目標としていたフルマラソンでサブスリー、100kmマラソンではサブテンを実現し、富士登山競走も6回連続完走しました。現在は、故障した脚と相談しながら走っています。
 
 京都府南部地域にある遺跡や史跡をめぐるのも趣味の1つです。ランニングを兼ねて史跡めぐりをすることもあります。
ランニングや史跡めぐりは、弁護士活動でたまったストレスや運動不足の解消に一押しです。
今年の抱負
 今年は新型コロナウイルス感染症の第3派の蔓延の中で新年を迎えました。延期された東京オリンピック実施を巡ってさまざまな議論が行われています。現在の状況の中で、参加選手が充分な準備をして参加し、競技において持てる力をいかんなく発揮し、世界の人々が心から応援する大会として開催できるでしょうか?人々の命と健康という観点で見ると、新型コロナウイルス感染症を抑え込むことを第一に考えることが必要と思われます。
 新型コロナウイルスの1年が予想される中で、法律家として何ができるか考え、京都府南部を中心として憲法と市民の権利の擁護・実現のために取り組みたいと思っています。また、趣味のランニングや孫の相手など私生活も重視した充実した1年にしたいと思っています。



home