京都南法律事務所 弁護士紹介

井関佳法 毛利崇 清洲真理 岩佐英夫 吉田眞佐子 杉山潔志 中尾誠
 
プロフィール
コラム
 
杉山 潔志
プロフィール
 1953年4月、岡山県真庭郡八束村(現、真庭市蒜山)で生まれ、同じ郡内の久世町で生まれました。中学校・高校では陸上競技部に入部し、短距離選手として活躍(?)しました。京都大学工学部機械科に入学しましたが、公害事件などで活躍する弁護士の姿に影響されて法学部に転部し、1983年4月に京都南法律事務所に入所、弁護士としてスタートしました。
 
 家族は、妻と子ども3人ですが、子どもはいずれも社会人として独立し、妻と2人の暮らしです。ときどき訪ねて来る孫(長男の長女)の相手をさせられています。
 
 借地・借家の問題、貸金や請負代金の請求、交通事故、親族・相続をめぐるトラブル、労働事件、破産や個人再生など多岐にわたる事件を取り扱ってきました。欠陥住宅や過労死・過労自殺などの事件にも取り組んできました。裁判でも、建物の構造計算や統計学的処理など理数的な問題が出てくることがありますが、数式などを見てもそれほどアレルギーはありません。発想も、どちらかというと理科系的です。
 
(趣味)
 健康のために42歳の頃から始めたランニングを続けています。ランニング仲間と一緒に走ったり、時間を工面してジョギングしています。50歳のころには、目標としていたフルマラソンでサブスリー、100kmマラソンではサブテンを実現し、富士登山競走も6回連続完走しました。現在は、故障した脚と相談しながら走っています。
 
 京都府南部地域にある遺跡や史跡をめぐるのも趣味の1つです。ランニングを兼ねて史跡めぐりをすることもあります。
ランニングや史跡めぐりは、弁護士活動でたまったストレスや運動不足の解消に一押しです。
今年の抱負
 今年は、日本国憲法施行70年の節目の年です。これニ対し、年頭から共謀罪(テロ等準備罪)の国会上程や憲法審議会での「改正」論議を進めるとの動きが強まっています。しかし、国民が個人として尊重され、幸福追求の権利を有していること、国が戦争をせず国民が平和のうちに生存する権利を有しているという日本国憲法の基本的な原則は護られなければならないと考えています。
 世界に眼を向けると、中国の海洋進出やイギリスのEUからの離脱、アメリカでのトランプ大統領の選出など自国最優先の動向が強まっています。日本国憲法は「いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」と前文に書き込み、これが普遍的な政治道徳の法則であり、この法則に従うことが各国の責務であると謳っています。その点でも、日本国憲法はますます先進的価値を輝かせています。
 このような憲法の理念と原則が暮らしの中に生かされるよう、京都南部地域において住民の願いに法律家として誠実に対応していきたいと考えています。趣味のランニングや山登り、同窓生との懇親など私生活も充実させたいと思っています。
 今年もがんばるぞ!



home